けちお の株

けちおが始める株投資 高配当+株主優待+米国株

保険加入

みなさんこんにちは けちお です(=゚ω゚)ノ

今日は保険に加入してきました。検討していた保険達をつづってみます。

 

医療保険 月額4,500円 掛け捨て

これは入院、手術したときに日額保証や給付金をもらえる保険です。

ちなみに保険に入ってなくても入院したときは国民健康保険からも手当てがでるらしいです。私は全国土木建築健康保険にはいっているので、国民健康保険より手当てが手厚いらしく日額保証は7,000円のもので、入院後の通院でも給付がおりるタイプのものにしました。あと先進医療が安くできる特約も入れました。三大疾病にかかったら保険料は払わなくてもよくなる特約もついています。

 

 

ガン保険 月額4,500円 掛け捨て

文字どおりガンになったら給付金が100万おります。こういう一挙にドーンと入る保険金もいいんですが、がんは抗がん剤の購入で定期的にお金がかかるそうです。なので、私は薬をもらう際にちょこちょこ給付金を貰えるタイプにしました。あとガンになったら保険料を払わなくてもよくなる特約をつけています。

 

生命保険 月額152.60米ドル 貯蓄型

生命保険です。死んだら10万ドル(1ドル100円なら1000万円)妻に入ります。ただこの生命保険は、円のものより利率がよくて、円だと月額30,000円払わないと貯蓄型で1,000万円の保険がおりませんが、これならドル100円とすると、月額15,260円で同程度の保険に入れます。

さらに低く見積もって63才まで支払ったら、返金率が100%を超える優れものです。

途中で解約しても9割もどってきますし、掛け捨てではなく貯蓄型の生命保険なので将来解約して貯蓄としても使えます。今は念のために家族の安心のための保険となってます。私が死んだ場合1000万円でたりるのかが考えどころですが。ほかにも貯蓄がありますし、国から遺族年金ももらえるようです。なので妻と相談して生命保険としてはこの保険だけにしました。それにドル持ってるってかっちょええですからね(*^_^*)

ちなみに支払いはアメリカドルになるので、手数料が1どる1円かかります。

逆に保険金がおりるときも手数料が1ドル0.5円かかるそうです。

しかしJCBのカードで支払いをすると、ポイントがつくため、毎月の手数料152円くらいなら相殺できる模様です。私はこのために、この前作ったエクスプレスカードをJCBにして発行しておいたのでちょうどいい具合に、申し込みも簡単でした。

 

あとは掛け捨ての生命保険を掛けることも考えたのですが、月々2,000円払って、もし私が元気だったら65才で60万の保険料をしはらい何もかえって来ないというものなので、今回はやめておきました。しかし掛け捨ての保険なら死亡保障が3,000万とかなりの金額まで保証してくれるので、貯蓄型の生命保険と組み合わせて加入されているかたも多いと聞きました。

 

保険に加入する前に家計簿(収支内訳)を作成したんですが、これが私としては大変良かったです。

月額の手取りから家族でどんな費用をはらって、毎月いくら残るのか、ボーナス時はどれくらい残るのか、といった客観的に自分の家計を見直す収支内訳表でした。

いま妻が働いてないため、私の安月給だけで20万ほどでやりくりしていて、家計は火の車、ボーナスがなければ赤字になっていました。そこで妻と出費の多い食費を減らすなどの話会いができました。それから保険代として、4500円+4500円+17000円合計26,000円~30,000円も月々の固定費用が増えてしまいました。なんとかきりつめれば月々の給与でいけそうです。ただし食事代(とくに私のお酒代・おつまみ・お菓子代)などは節約です(;^_^A

また、嫁に内緒の貯金をゆうちょであそばせていたことを思い出し。ゼロ金利なら株でもやってみようかなという考えに至りました。

そんな経緯で株を始めたいと思っています。

今回は真面目な話でしたけど、将来のことをいろいろ考えるのにいい機会だったと思います。電卓叩きながら費用対効果はどうだろう、全部払うといくらだろう。月々いくら必要なのかなどなど けちお 魂がゆさぶられる固定費用 について、いっぱい悩むことができました。

いままで面倒だと思って話をすすめられなかったことが、今はどんどん話が進んでいくので気持ちがいいです。保険も素人なんで参考になるかわかりませんが、自分のメモとしてここにかきこませてもらいました。

保険は健康なうちにしか加入できないらしいので、まだ入っていない方は30代のうちによく調べて、納得してはいるのがよさそうです。それでは(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!